手作り石鹸販売資格おすすめ情報まとめ

MENU

みんなに自慢できるハンドメイドスキルは?

ハンドメイドで人気

ハンドメイドのスキル(技能)といえば、手作り石鹸が挙げられます。

 

オリジナル石鹸を自分で作る

自分で手作り石鹸を作れる技能があるのは自慢できて、嬉しいものです。

 

手作り石鹸の資格で学べる

ハンドメイドソープの作り方だけでなく、その技術や知識をレクチャーすることができる、技能を証明する資格を学ぶこと等があり、みんなに自慢できるハンドメイドスキルの1つなのです。

 

 

 

みんなに自慢できるハンドメイドといえば、アクセサリーや雑貨、洋服、編み物、小物、手作りお菓子や料理など様々なものがあります。

 

どれもこれも友達に自慢できるハンドメイドと言えますが、ハンドメイドのスキル(技能)といえば、手作り石鹸が挙げられます。

 

雑貨や洋服、編み物などは自分で作ったとしても消耗部品ではないため、残る物になります。残る物は、壊れたり紛失しない限り買うことはありません。しかし、石けんは使えばなくなるものです。

 

ですから、ハンドメイドで人気があるのが手作り石鹸なのです。また、オリジナル石鹸を自分で作ることができるという、ハンドメイドだけで終わらず、技能としてハンドメイドの石鹸を作れる資格を取ることができます。

 

海外でも自然派志向の人が多く、オーガニック食品などがたくさん販売されていますが、ナチュラルな素材にこだわる手作り石けんのショップもハワイなどのショップでも数多くある中で、自分で手作り石鹸を作れる技能があるのは自慢できて、嬉しいものです。

 

手作り石鹸の資格で学べることの中には、ハンドメイドソープの作り方だけでなく、その技術や知識をレクチャーすることができる、技能を証明する資格を学ぶこと等があり、みんなに自慢できるハンドメイドスキルの1つなのです。

 

この資格を取得することができれば、副業としてカルチャースクールの講師や、ハンドメイド販売などができるので人気です。カラー石鹸や、アロマソープなどの石鹸レシピを熟知して、作成し、アロバイスができる能力を持つことができるのです。

 

自分で作ったハンドメイドの石鹸を洗面台に置いたり、プレゼントにも使うことができます。乾燥しているドライハーブや、ラベンダー、ローズなどのポプリを混ぜ込んでアロマの香りがするソープや、美味しそうなデコレーションケーキやカットケーキの形をしたソープ、アイスキャンディーの形をしたソープも作ることができます。

 

フリマでも人気なのはハンドメイド石けん

フリーマーケットでも人気

ハンドメイド石けんはそれほど高価なものでもありませんし、手作り石鹸は使えばなくなるものなので、お客様も抵抗なく買われていくのです。

 

フリーマーケットでハンドメイド石けんを販売する利点

参加費だけで店舗の維持費が不要なことが挙げられます。

 

手作り石鹸を販売するには

厚生労働省の化粧品製造販売認可の取得が必要です。

 

フリーマーケットでも人気なのは、ハンドメイド石けんという情報があります。

 

フリマでは、洋服や雑貨などが売られていますが、お客様の感覚ではフリマで買うものは安く手に入るのが当たり前になっています。

 

しかし、物が思ったより安くないとなかなかお客様も購入してくれません。その点、ハンドメイド石けんはそれほど高価なものでもありませんし、手作り石鹸は使えばなくなるものなので、お客様も抵抗なく買われていくのです。

 

そして、そのハンドメイド石けんが、目を引く可愛さだったり、自分の好きな香りのものであったりしたならなおさらです。

 

では、フリーマーケットでハンドメイド石けんを販売する利点とはなんでしょうか?フリーマーケットでハンドメイド石けんを販売する利点は、参加費だけで店舗の維持費が不要なことが挙げられます。

 

店舗を構えると資金も必要になりますし、売り上げが見込めないと採算が取れないというリスクもあります。しかし、フリーマーケットは1回限りの参加もできますので、店舗やオンラインショップを設立する前に、試しに調査を兼ねて副業で販売してみることもできます。フリーマーケットは、オンラインとは違って直接顧客と会話して商品を売ることができます。

 

顧客と会話して、今のニーズや好みの商品を知ることもできます。また、フリーマーケットが定期的にやっているものに参加すれば、常連客が付くことになりますし、口コミで顧客が増える可能性もあるのです。

 

ただし、手作り石鹸を販売するには、厚生労働省の化粧品製造販売認可の取得が必要です。

 

安全管理体制や品質管理が整っていること、薬剤師や薬剤知識のある責任者が必要になってきます。薬剤師の資格保持者であるならば、管理体制を整えて手作り石けんとして正式な販売認可を取得する方もたくさんいます。正式な認可を取得したならば、たくさんの人に手作り石けんの良さを広めることができますので可能性が広がります。

 

手作り石鹸を販売するにあたってフリマだけでなく、どんな販売方法が自分に合うのか考えてみると良いでしょう。

 

実用的なのが人気の理由

 

手作り石鹸が人気なのは、なぜでしょうか?その理由の一つに挙げられるのが、手作り石鹸が実用的であることです。

 

可愛い置物や、アクセサリーなど色んなハンドメイドできるものがあります。しかし、実用的と考えると手作り石鹸は、置物やアクセサリーに比べて毎日の手洗いに使用したりと、生活に直接関わってくるものです。また、市販の石鹸も良いのですが手作り石鹸のほうが低刺激で肌に優しいイメージがあります。

 

手作り石鹸が市販の石鹸と比較して低刺激と言われる理由には、原料の違いと製法にあります。市販の石鹸は洗顔したり、手洗いに使用するとツッパリ感を感じることがあります。肌の敏感な人にはこれが刺激が強いと感じる原因になります。

 

しかし、手作り石鹸で洗顔したり手洗いしたりすると、違いに驚く人がたくさんいます。市販の石鹸の原料のほとんどは、工業用の牛脂になります。工業用ですから、保湿力があまりないのです。

 

しかし、手作り石鹸のほとんどは食用レベルでも使用することができる植物オイルが使用されているのです。この植物オイルは、植物の栄養素が凝縮されていて、栄養がたくさん含まれているので洗顔したり手洗いするなどしてもつっぱることがなく、肌がスベスベになるというわけです。そして、市販の石鹸は、製造してからそれぞれの家庭で使用されるまで、時間がかなりかかることがあります。

 

ですから、製品の劣化を防ぐために防虫剤などが石鹸に入っているのです。製品を保つために防虫剤は大切なものですが、肌を保湿するためのものではありません。ですから、できれば入ってほしくないものです。

 

しかし、手作り石鹸であるならば、自分でハンドメイドして完成してからすぐ、使用することができます。ですから、使用期限という点では短くなりますが、防虫剤を配合しないで使用することができるのです。そして、市販の石鹸の多くは、中和法という製法が用いられています。

 

石鹸の脂肪酸をアルカリと反応させて作る方法のことで、4時間ほどで完成します。しかし、手作り石鹸は、コールドプレス法という方法を使用します。このコールドプレス法は、熱を加えず、固める製法です。

 

熱を加えないので、植物オイルの栄養素が壊れることがなく、残り栄養分がたくさんある石鹸になるのです。この方法は、手間がかかる方法なので市販の石鹸ではほとんど用いられないのです。このように使い心地の良さといった実用性が人気の理由なのです。

 

手作り石鹸は、低刺激なので、敏感肌の人にもうれしいですし、安心で安全を考える母親たちにも人気となっています。

 

アロマの香りも石鹸の魅力

 

お店にはたくさんの石けんが売られていますが、自分の好きな香りではなかったりすることがあります。そして、気に入った香りの石けんが高価だったりすると、なかなか購入する決断ができません。

 

しかし、自分が作る、ハンドメイドの手作り石鹸ならば自分の好きなアロマの香りを調合することができるのをご存知でしょうか?

 

このように、自分で作る石鹸は自分の好きなアロマの香りにできるので、魅力の一つになります。花の香りの石けんを作りたいならば、フローラル系だったり、さっぱりタイプのシトラス系だったり、甘い香りだったり自由自在です。

 

形も大きさも色も自由自在で石鹸を作ることができます。お風呂場の石鹸は、家族で使用するので大きいものにしても良いですし、洗面台の石鹸は大きすぎず、来客が来ても喜ばれる、オシャレな形の石鹸を置くこともできます。そして、手作り石鹸が素敵なアロマの香りの石鹸だったりするならば、来客の人も感激するかもしれません。

 

では、どんなアロマの香りを入れたらいいのでしょうか?まず、手作り石鹸にオススメのアロマとしては、イランイランがあります。イランイランは、花の中の花と言われており、香水にもよく使用される香りです。

 

また、ゼラニウムは、バラのような甘い香りです。お花のような甘い香りが好きな人にオススメのアロマになります。初めてアロマを嗅ぐ人であっても抵抗なく、どんな人でも好まれる香りです。花が好きで、華やかな気分になりたい人におススメです。

 

そして、レモンは爽快な気分にさせてくれて、スッキリとした香りになります。また、スウィートオレンジは明るい気持ちになれるような香りで夏場にオススメの香りです。

 

レモンとスウィートオレンジは、さっぱいした香りが好きな人に良い香りでしょう。また、ハーブの香りが好きな人には、ラベンダーがおススメです。ストレスを緩和してくれる作用があり、アロマを代表する香りになります。

 

そして、サンダルウッドは、リラックス効果がありますし、古くから香料として用いられてきました。ハーブは、リラックスできますし、安眠にも最適な香りです。このように、アロマの香りも石けんの魅力です。

 

ぜひ試してみてみるのはいかがでしょうか?

 

自分が作る、ハンドメイドの手作り石鹸ならば自分の好きなアロマの香りを調合することができるのをご存知でしょうか?

要点を紹介するキャラクター

 

役立つハンドメイド資格ランキング

これから、ハンドメイドの中でも役立つ資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

石鹸アーティストの特徴

第一位は、日本インストラクター技術協会主催の「石鹸アーティスト」です。ナチュラル志向や、手作りが好きな人に人気の手作り石鹸ですが、日本インストラクター技術協会では、初心者でも石鹸の必要な基礎知識を学んで、色々なレシピの手作り石鹸を作成します。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
石鹸アーティストの総評
  • 初心者でも石鹸の必要な基礎知識を学ぶことができる
  • 色々なレシピの手作り石鹸を作成します
  • 苛性カリウム他薬剤についても十分な知識と技術がある人に向けた認定試験
公式サイトへ

 

画像名を入力

コールド・プロセスソープマイスターの特徴

第二位は、日本デザインプランナー協会主催のコールド・プロセスソープマイスターです。コールド・プロセスソープマイスターとは、手作り石鹸を作る時に、必要となる基礎知識や石鹸作りに必要となる道具や材料の知識といった石鹸作りに必要とされる知識や技術が一定以上のレベルであることを証明する資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
コールド・プロセスソープマイスターの総評
  • 手作り石鹸を作る時に、必要となる基礎知識
  • ハーブやオイルなどに関する知識も身に着けることができます
  • 色々なレシピで手作り石鹸を作ることが評判です
公式サイトへ
第一位:石鹸アーティスト

第一位は、日本インストラクター技術協会主催(https://www.jpinstructor.org/shikaku/sekken/)の「石鹸アーティスト」です。
ナチュラル志向や、手作りが好きな人に人気の手作り石鹸ですが、日本インストラクター技術協会では、初心者でも石鹸の必要な基礎知識を学んで、色々なレシピの手作り石鹸を作成します。また、オリジナル石鹸や入浴剤を取り扱うことができるので、苛性カリウム他薬剤についても十分な知識と技術がある人に向けた認定試験です。また、作成指導できる人に認定される資格です。

 

石鹸アーティストの資格を取得した後は、学んだことを活かしてカルチャー教室で講師活動や、手作り石鹸を販売する副業等ができるようになるのです。試験は年に6回ほど行われています。受験料は消費税込みで10,000円です。

 

受験資格は特にありません。受験申請は、インターネットからの申し込みになります。合格基準は、70%以上の評価が基準になっています。受験方法は、在宅受験できるのも魅力の一つです。

 

第二位:コールド・プロセスソープマイスター

第二位は、日本デザインプランナー協会主催(https://www.designshikaku.net/test/soapsekken)のコールド・プロセスソープマイスターです。
コールド・プロセスソープマイスターとは、手作り石鹸を作る時に、必要となる基礎知識や石鹸作りに必要となる道具や材料の知識といった石鹸作りに必要とされる知識や技術が一定以上のレベルであることを証明する資格です。

 

手作り石鹸は、肌の弱い人にも作り方次第で安心して使うことができるので女性を中心にとても人気があるのです。この資格を取得することにより、石鹸作りだけでなくハーブやオイルなどに関する知識も身に着けることができます。資格取得のために学ぶだけでなく、色々なレシピで手作り石鹸を作ることが評判です。

 

試験は年に6回ほどあります。受験料は、消費税込みで10,000円です。受験申請は、インターネットからの申し込みになります。

 

受験方法は、在宅受験できるのも魅力の1つです。合格基準は、70%以上の評価が基準となります。自分のオリジナル石鹸が作れるレベルまで上達することができる資格が人気を集めていますので、この機会に資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

 

一番オシャレなのは「石鹸アーティスト」

ハンドメイドの手作り石鹸は、市販の石鹸と比較しても保湿力が高い
自分の好きなハーブやオイルを使用した石鹸
無添加で自分の好きな素材を使用

冬などお肌の乾燥の悩みを感じたことはありませんか?ハンドメイドの手作り石鹸は、市販の石鹸と比較しても保湿力が高いことから今、手作り石鹸の人気が出てきています。

 

手作り石鹸は、材料や作り方により、石鹸がカラフルだったり、ケーキの形など色々なデザインを楽しむことができます。

 

そして、手作り石鹸は自分で作ることができれば、この石鹸はどんな材料が使われているか分かりますので、安心感があります。好きな香りでお風呂に入れば、心も体もリフレッシュしますし、オシャレも楽しみたくなります。自分の好きなハーブやオイルを使用した石鹸を自分で作ることができればオシャレですし、無添加で自分の好きな素材を使用することができるため、手作り石鹸が今女性を中心に人気なのです。

 

手作り石鹸は、雑貨屋さんや美容品売り場でも並ぶこともありますし、手作り石鹸に関するセミナーがカルチャースクールで開かれるほどになっています。

 

そして、手作りキットなども販売されていて、自分の好みの香りや成分を配合して、手軽に手作り石鹸を楽しむ人が増えてきました。手作りが好きで、ナチュラル志向の人に人気の手作り石鹸ですが、初心者でも資格を取得して石鹸の基本から学ぶことができます。

 

そして、手作り石鹸の資格を取得する必要があるのは、石鹸作りには危険が伴うからです。石鹸作りには欠かせない苛性ソーダは、劇物に指定されている薬品です。1滴であっても目に入れば失明の恐れもある危険なものになります。

 

安全に石鹸作りを楽しむために、正しい知識を身に付けることは本当に大切なのです。ですから、正しい知識を身に着けて、自分の好みの手作り石鹸を作ることができる、「手作りせっけん資格」が役に立ちますし、その資格が人気です。なぜなら、資格取得した後は、手作り石鹸を販売することもできますし、講師としての活動ができます。

 

このように、手作りせっけん資格は、副業としても人気の資格で、一番オシャレなのです。

 

手作り石鹸資格はこちら

 

まとめ

オリジナル石鹸を自分で作ることができて、技能として資格も取得できる、石鹸アーティストが人気です。ナチュラルな素材にこだわる手作り石けんのショップもハワイなどのショップでも数多くある中で、自分で手作り石鹸を作れる技能があるのは他の人に自慢できて、嬉しいものです。

 

手作り石鹸の資格で学べることの中には、ハンドメイドソープの作り方だけでなく、その技術や知識をレクチャーすることができる、技能を証明する資格を学ぶこと等があり、みんなに自慢できるハンドメイドスキルの1つなのです。

 

手作り石鹸を販売するには、厚生労働省の化粧品製造販売認可の取得が必要ですが、薬剤師の資格保持者であるならば、管理体制を整えて手作り石けんとして正式な販売認可を取得する方もたくさんいます。

 

正式な認可を取得したならば、たくさんの人に手作り石けんの良さを広めることができます。フリマで販売することもできますし、いろんな可能性が広がるのです。

 

手作り石鹸は、使い心地の良さといった実用性が人気の理由です。手作り石鹸は、低刺激ですから敏感肌の人にもうれしいですし、安心で安全を考える母親たちにも人気となっています。

 

また、自分で作る石鹸は自分の好きなアロマの香りにできるので、魅力の一つになります。花の香りの石けんを作りたいならば、フローラル系だったり、さっぱりタイプのシトラス系だったり、甘い香りだったり自由自在です。形も大きさも色も自由自在で石鹸を作ることができます。

 

手作り石鹸が素敵なアロマの香りの石鹸だったりするならば、来客の人も感激するかもしれません。そんな手作り石鹸を作る資格で人気なのが、日本インストラクター技術協会主催の「石鹸アーティスト」や、日本デザインプランナー協会主催のコールド・プロセスソープマイスターです。

 

手作り石鹸の資格で学べることの中には、ハンドメイドソープの作り方だけでなく、その技術や知識をレクチャーすることができる、技能を証明する資格を学ぶこと等があり、みんなに自慢できるハンドメイドスキルの1つなのです。

 

この資格を取得することができれば、副業としてカルチャースクールの講師や、ハンドメイド販売などができるので人気です。

 

この機会に、ハンドメイドの手作り石鹸を作って資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

更新履歴